らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


039:乙女 より

 題詠2007を走り出しても、時々思い出したように鑑賞2006。
 今回はいつもと違ってコラボ鑑賞。

もう二度とあの日の空に戻れない乙女ごころを3文で売る
暮夜 宴 (青い蝶)

捨てるより売ればよかったそれよりもあったかどうかのあたしの乙女
わたつみいさな。 (乱切りくじら)

 片や3文で売り払い、片や捨てた後に売ればよかったと悔やむ、「乙女(ごころ)」だからこその感傷ではある。乙女=純粋・真白・無傷、そんなイメージを前提として読んだ。
 暮夜さんの歌はいわば失恋歌なんだろうな、失った今となっては乙女心は余分なもの、あれば余計辛くなるから叩き売ってそんな純な乙女じゃないわと強がってうそぶく、そういう印象。
 わたつみさんの歌は暮夜さんの歌にまるで呼応するような感じ。売る手があったか、ていうか乙女なんて「あったかどうか」などと、自虐している。
 つまり、歌の主人公二人とも、紛れもない乙女なんである。
 あー、まぁ、女に変身したら乙女とはちょっと違うか。そういう意味では蒼い時代を過ぎて大人になってしまった哀しみという風に読んでもいいかも。乙女だったものでないと女になれない、と私は思う。

 さて、乙女ごころを買ったのは誰なんだろう?

以下、お好み選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


謎彦 (ジャポン玉)
黄髪(くわうはつ)の美輪明宏はともかくも乙女の「乙」はひとふでに画(か)く

ふしょー (DEATH IS A LONELY BUSINESS)
神事ゆえ化けも化けたり若衆が豊作祈る早乙女踊り

なかた有希 (* にじのかかるばしょ *)
空き缶を蹴っていたのに流されて乙女戦争渦中にいます

スガユウコ (ココロに花を)
ひからびた乙女心を震わせる桜井さんの倫ならぬ恋

ワンコ山田 (歩道を走る自転車のこども)
乙女座の星の仲間になりたくてどこで死ぬのが近道なのか

松本響 (春色ぶれす SIDE-D)
未完成 もう言葉では埋まらない乙女パズルをばらばらにする

やすまる (やすまる)
黒薔薇を纏う乙女は四つ辻で延命地蔵と思念を交わす

飛鳥川いるか (しぐなすの短歌感電ノート)
水のなき空に波たつ歌を詠みし紀貫之はたぶん乙女座

ことら (ことらのことのは)
乙女なら蛙を壁に投げたって王子と恋に落ちるしくみよ

佐原みつる (あるいは歌をうたうのだろう)
乙女座の明日のラッキーナンバーがタイムカードに刻印される

田丸まひる (ほおずり練習帳。)
乙女らのまぶたがこぼす金のラメ こんな世界も全部見たいの

ぱぴこ (テクテク)
渡さない恋文ばかり書いている乙女の腕のプロミスリング

我妻俊樹 (喜劇 眼の前旅館)
歯に風を感じていると乙女座のあるべき場所に盛り塩がある

佐藤羽美 (one hundred gumdrops , elephants and sandals)
僕たちと読書対決しませんか水玉模様の乙女詩集で

瀧口康嗣 (可燃性連鎖)
理性とはいつかの夢の水槽で藻を食べていた乙女のフォーク

ゆづ (透明ランドセル)
炭酸の泡がのぼって消えていくくらいの乙女心がほしい

近藤かすみ  (気まぐれ徒然かすみ草)
花言葉「スミレは愛」としたためて『乙女手帖』を文箱にしまふ
(吉屋信子/文 松本かつぢ/画 国書刊行会)

千 (Mille et une nuits)
深夜でもいくさ乙女の背中持つ上司は孕むことなく老いる

2007/03/17  | trackback(0) | comment(2)


Comment

はじめまして。
歌をとりあげていただいて、本当にありがとうございます!
この「乙女」の記事は、偶然にも宴さんとは仲良くしていただいておりまして、気づいたしだいで…
さらに「クリーム」の歌も取り上げていただいていたんですね。
なかなか時間がとれず、ご挨拶が遅れてしまいすみませんでした!
今年の題詠も参加しております。(まだスタートさえしておりませんが(笑))
どうぞよろしくお願いします。
わたつみいさな。 URL | 2007.03.22 | edit?
わたつみさん、いらっしゃいませ。
トラックバック送ったんですが、行っていなかったようですね、失礼しました。勝手に好きなことかいておりますので、失礼の段、重ねてご容赦願います。
わたつみさんの歌はいろんな人のサイトでとり上げられていますね。きっと今年も方々から引っ張りだこですよ!お互い、マイペースでのんびり行きましょう。
お気楽堂 URL | 2007.03.23 | edit?

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/157-f3a0ba3d

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。