らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


063:以上 より

救済を求めた以上伸べられた手のいずれかを掴むべきだろ
秋月あまね(/dev/null ) (現在「あさまだき」)

 ちょっとドキッとした。
 「伸べられた手」の中に、自分の望むものがないこともあるだろう、でも救済に対して「伸べられた手」は善意込みだから、求めておいてごめんなさいはおかしい。
 
 ううむ。
 迂濶に救済を求めるなということか。
 ……国際問題とかは、こういうめんどさがあるんだろうなぁ。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略

063:以上(青山みのり)
これ以上みつめあったら恋になるペットショップのガラスの向こう
わざとじゃないもん!

063:以上(山本左足)
どうしてもこれ以上思い出せなくて徳川家が十二代で滅ぶ
砂上楼閣

063:以上(泳二)
これ以上夢を抱えるくらいならもう空なんて飛べなくていい
とりあえずのぶろぐ

じゃこ(めくるめく )
見つけ出せそうにないですふわふわの女子にふわふわ以上のものを

夏樹かのこ(鹿の子帳)
他人以上知人未満の集会で遠くに澄んだひぐらしを聴く

光本博(おぼつかな)
司法試験の答案に倣ひをさまりの良き位置にこそ据ゑたれ 以上

鈴木麦太朗(麦畑(題詠blog用))
一日に十本以上の缶コーヒー飲んでも夜は長くならない

芳立(芳立五蘊)
ぼくたちが知り合つてから十二週以上たつてはゐないはずだが

葵の助(螺旋浮遊)
花束に顔をうずめる君はもう知り合い以上でもないんだね

浅草大将(和歌の浦浪)
一身の都合以上を書きたくて三行半の退職届

西中眞二郎(しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
これ以上食うのは無理とぼやきつつデザート出れば手を伸ばしおり

紫苑(紫苑がさね)
格別の秘書ではあらう10センチピンヒールはく御目見以上(おめみえいじやう)

西村湯呑(あるあるのうた B面)
これ以上何を望むというのでしょう このチョコでもう僕は僕は僕は

2014/06/14  | trackback(0) | comment(2)


Comment

拙歌を採用くださりありがとうございます。
古い話題なのですが、「やすきよ」のコツコツの方の人が相方を評して「皆さんから差しのべられたあらゆる手を振りほどいて行ってしまった」と話していました。
私自身この歌のようには「思わない」方なのですが、自分の思うところを詠むのが短歌とすればルール違反ですよね。
短歌って難しいです。
秋月あまね URL | 2014.06.20 | edit?
秋月さん、いらっしゃいませ。

>ルール違反

そんなことありません。
自分と反対の視点から詠むのも、「自分の思うところを詠む」ことになると思いますよ。
わたしなんてフィクションの二次創作もどきやら、パクリやらパロディもどきやら、そんなんばっかりで、ルールもへちまもあったもんじゃありません^^;

詠みたいように詠んでいいと思います。
難しいからこそ難しく考えないで、お気楽にいきましょう。

すてきな歌をありがとうございました。
お気楽堂 URL | 2014.06.21 | edit?

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1558-f0d0e612

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。