らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


057:衰 より

衰えてゆく太陽とともにいて宇宙の果ての命を信ず
藻上旅人(創作のおと

 衰のお題でこのスケール。いいですねぇ。
 ついこの間、地球のいとこのような星も発見されたしね。

 「宇宙の果ての命」いるといいな。ま、いりゃいいってもんでもないけど。エイリアンみたいのは御免こうむるし。
 そこは置いといて。
 この歌の上の句が好き。地球は「衰えてゆく太陽と」運命共同体なんだなぁと、改めて思う。太陽の衰退後なんて人間の寿命とはものさしが違うから、当然今生きている私達には関係ないんだけど、さらに太陽より先に地球のほうが寿命が尽きるかもしれないんだけど、太陽あってこその太陽系という、当たり前だが忘れていることを気づかせてくれる。
 主体(この場合は作者と言っても差し支えないかも)は多分、自分たちが滅んだ後、宇宙の果てのどこかでは命がつづいていればいいなと、思っているんじゃないかな。

 それとも、もっと科学の進んだ星から助けに来てくれないか、というSF的期待の方?

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


泳二(とりあえずのぶろぐ )
屋上を去って変身ヒーローは前を見たまま衰えてゆく

青山みのり(わざとじゃないもん!)
掃除機と薔薇と電池と衰えをわかちあいつつ暮らしてゆかむ

ちょろ玉(ちょろ玉のコトダマラソン)
かすみゆく眼からしずかに衰えは春のあなたを連れ去るように

三沢左右(Lazy Room)
日差しいよよ衰へ行けり目を細めページをめくる指乾きつつ

とおと(Soupe du Louve)
汝が秘せる玄き背(そびら)をひらく時太陽は汝が前に衰ふ

秋月あまね(/dev/null )
近頃は老衰にまで病名をつけて自然に死なせてくれぬ

原 必(猫背が直らない理由)
ひまわりが衰えてゆくその横で羽ばたきそうなぼくの洗顔

梅田啓子(今日のうた)
五十年衰へ見せぬ女優をりそれを崇める漢のあれば   ※漢=をのこ

芳立(芳立五蘊)
ぬばたまの闇の外科医に老衰の師は道を説くをこがましやと

新井蜜(暗黒星雲)
衰へた身体を包むゆふなぎが下着のやうにはみ出してゐる

美穂(たなごころ)
衰えを風格に変えひこばえに花を咲かせて桜の古木

映子(映子のブログ)
衰えて恥をさらすは嫌と云う君の恥いま何処へ隠した

2014/05/31  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1507-e859ef71

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。