らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


053:受 より

てんでんこ、死はそれぞれに受け入れてどんな人でも「それでおしまひ」
佐藤紀子(encantada

 「てんでんこ」でググると「津波てんでんこ」がトップに来る。
 てんでんこ自体は「てんでに」の東北バージョンで、この歌は特に先の震災・津波のことと限ってはいない。けれど、「てんでんこ」という言葉そのものに東北地方の津波に対する意識が込められているので、無関係に詠っているとは思わない。
 
 そのうえで、それと限らない読みとして、いただきました。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略

哉村哉子(裏庭を捨てる)
蠍座の尾にゆくことを受諾してしまった恋のはじめのほのお

青山みのり(わざとじゃないもん!)
受け皿になれない僕はここにいてながれるみずをみつめるばかり

新藤ゆゆ(ゆゆとぴあ。 )
レプリカの受精卵まだあたためているのですか、こちらへ来ませんか、

ワンコ山田(歩道を走る自転車のこども)
甘んじて受け入れましょう曲者とよばれる根拠が感受性なら

辺波悠詠(独りよがりの傘を開いて)
新築で3000万もする夢を受け取る手にはセリアの袋

今泉洋子(sironeko)
受付の笑顔もさまになりしころわがアルバイト期間も終はる

円(つきのこども/あぶく。)
受け入れるしかないものだ眠るとき目蓋の裏を泳ぐ白魚

kei(シプレノート )
受取人不明の手紙携えて海に走って行く泣き女

藤原湾(ことの葉から雨雫)
受け取った書類は紙切れ一枚で なのに涙が染みて重たい

穂ノ木芽央(白紙委任状)
きまぐれな木の葉のやうでもてあます受信トレイのきみのアドレス

芳立(芳立五蘊 )
あさがほに露の置くよりさきにゆく奴のせなかに受胎を告げる

西中眞二郎(しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
干し柿は軒に吊るされ風強き午後の日差しを受け止めており

さわか(la lune)
引きつった躯をほぐす受容とは調和にあらず雪の降る日も

2014/05/30  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1498-0025d4ba

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。