らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


051:般 より

一般的に言えばすべてが嘘になる鰯雲から鱗一枚
kei(シプレノート

 これは、短歌の、もっと広くいえば詩的措辞の話じゃないかな。
 事実をもとにしていても、言葉を選んでいく過程で「一般的に言えばすべてが嘘になる」。
 人に見せない日記でさえ、無意識のうちに言葉で粉飾することがある。まして詩の言葉となると、どう喩えるかに趣向を凝らすのが普通だし、真実をむき出しで人に見せられるわけないし。くるんだ外側は、嘘に見えて当たり前と思う。
 これこそ、詩人(歌人も俳人も柳人も)のジレンマであり腕の見せどころじゃなかろうか。

 「鱗雲から鱗一枚」、上の句を受けつつ、全体を詩として成立させて、さらに具体的イメージを……
 あ゛!
 ……「鰯雲」だった……orz
 慌てて調べたら、鰯雲は群れに見立てているから鱗は関係ないらしい。(そしてそんなことも初めて知った……orz)

 ……えーと。
 バカ丸出しでスミマセン。m(_ _)m

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略

泳二(とりあえずのぶろぐ)
液晶の向こうでしゃべる人たちに一般人と呼ばれるぼくら

綾倉由紀(よんだものがち)
一般の方はこちらと遮られ関係者にはなれない私

とおと(Soupe du Louve)
草原(くさはら)に般若心経とどろかせ嗚呼ただでさへ菩薩のミクは

秋月あまね(/dev/null)
一般に死にたい人がいるとして代わりたいとは思わんものだ

女郎花(女郎花の独り言)
ふり返る花野の雨に濡れながら<般若>を超えて<泥眼>に立つ

橋田 蕗(原点)
白百合のひともと抱き一般の列で毅然と真向かう黒衣

葵の助(螺旋浮遊)
白線の内側を空けて下さい間もなく一般人が降ります

芳立(芳立五蘊)
幸せの確認のため川べりでバーベキューする一般家庭

シュンイチ(路地裏のショーペンハウアーⅡ)
それはそれは二次関数の一般式みたいに上がって下がる人生

紫苑(紫苑がさね)
身に生ふる鱗あまたをもてあまし般若の口にこゑのなきなり

西村湯呑(あるあるのうた B面 )
一般にウサイン・ボルトが追い風で走る速さで駅から5分
あるあるのうた B面

2014/05/27  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1486-6a296315

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。