らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


049:括 より

永久なれやおからを乞ひて古井戸の水に括りし遊び女の名は
芳立(芳立五蘊

 上手いなぁ。落語好きはたまらんでしょう。
 私はそれほどくわしくないけど、さすがに「千早振る」は知ってます^^;

 オチの「とは」に掛けているとともに、落語自体「永久なれや」というオマージュか。
 そしていちばんの肝は、落語では潜る(くぐる)と解釈して笑かしてくれる部分が、しっかり今回のお題である辺り。本歌の意味ではこちらが正しいから、バッチグー(古っ!)なわけです。
 
 おばか~な噺だからこそ、対比としてこのようにきっちり仕上げていただくと、千早も成仏できることでしょう。(おぃ^^;

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


久野はすみ(ぺんぺん100%)
統括の努力むなしくそれぞれの言語ではなしつづける会議

ちょろ玉(ちょろ玉のコトダマラソン)
風船を括りつければ飛ぶだろう過去のあなたへ散った桜も

平野十南(幼稚)
概括のための括弧の外側にまだ立っている雪女たち

kei(シプレノート)
そんなこと一括りにして言われても困ってしまうゴンドリエーレ

じゃこ()めくるめく
雰囲気がええ塩梅に出るさかい括弧の中に放り込んどけ

中村成志(はいほー通信 短歌編)
省線と呼ぶ人の声なつかしく括りの紐の色薄くなる
1987年4月1日  国鉄が分割・民営化され、JRグループ発足。

湯山昌樹(短歌 富士山麓より)
総括とも言えぬまとめの言葉にて生徒らは長い休みに入る

鈴木麦太朗(麦畑(題詠blog用))
なまぬるい缶コーヒーは切なくて泣の一字を括弧に入れる

由子(夏からはじめた・青い翼はきらい)
一括りに「バブル」と言うなエセ識者乱高下とは活況なのだ

ロクエヒロアキ(6e)
ゆっくりと括ってやればゆっくりとくらやみになる 赤い目隠し

莢(歩数)
マトリョーシカ 括弧の中の鍵括弧 いくつも生れ出る我々

橋田 蕗(原点)
老いてなお花咲く日々をかたがたへ 地域包括支援センター

シュンイチ(路地裏のショーペンハウアーⅡ)
ひと括りにされたぼくらの感情は「ウソ」と「ホント」を行き違うのだ

2014/05/23  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1469-bf609a7c

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。