らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


023:不思議 より

不思議ってたとえば水を見るときのいろいろ揺れてまた戻るやつ
黒崎立体(Re:re

 喩えがなんともゆるくあいまいなところがおもしろい。
 あいまいなんだけど「水を見るときのいろいろ揺れてまた戻るやつ」と言われるとなんとなく分かったような気になってしまうところがまた「不思議」^^;
 「不思議」と言いたい時は言語に変換するのがむずかしい感覚的なことなんだろうな。しかも具体的ではなくヒジョーに抽象的。
 
 よくよく考えてみると「いろいろ揺れてまた戻るやつ」ってなに?(おぃ^^;
 こういうのとかかな。

 参照: 水中から見た海面 (小笠原父島情報 ☆オガツアーのブログより)
     光のシャワー (studio by the sea より)


 ……つまり、分かっていないのね……orz

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


久野はすみ(ぺんぺん100% )
題名に「不思議な」などとつけるから開けても開けても扉がつづく

青山みのり(わざとじゃないもん!)
開いても誰も降りないエレベーターホールにあわき影差す不思議

稲生あきら(遠くからきこえる)
鍋と火とスープの不思議な関係を見つめる真夜中の台所

守宮やもり(はちぶんめblog)
どうしても君を目で追う 16は海が満ち引きするような不思議

鈴木麦太朗(麦畑(題詠blog用))
やわらかなねむりぐすりの味がする不思議の国の缶コーヒーは

円(つきのこども/あぶく。)
何事の不思議なけれど訪れる春を今年も身体に通す

美穂(たなごころ)
わたしとは違う人類氷上で跳んで回って踊れる不思議

莢(歩数 )
渡る鳥だけが不思議と知覚する郷愁に似た風の信号

有櫛由之(有櫛水母)
北国の不思議な話を水鳥の声できかせてくれる老人

キョースケ(みんな教えてもらった)
金色の鳥が羽ばたく空を見る不思議はいつも身近にあるのだ

2014/02/18  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1437-451f58cc

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。