らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


019:同じ より

いつまでも同じページを読んでいる文字のすきまに禽《とり》を飼うひと
ロクエヒロアキ(6e

 「文字のすきまに禽《とり》を飼う」なんてすてき。禽というからには狩りをする猛禽類だろう。
 精霊の守り人シリーズの<猟犬スファル>を思い出した。鷹に自分の魂を乗せて、鷹の目で眼下を見る。
 この歌の「ひと」はいま、そうしてそのページの中を飛んでいるのだ。探索、探検、追跡、旅、冒険、何でもいいが、それが一段落するまでは「おなじページを読んでいる」ように見えるのだ。
 どんなお話だろうなぁ。

 そういう、ファンタジー的読みをいざなう歌と思ったです。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略

青山みのり(わざとじゃないもん!)
ひとつにはなれないけれど手をつなぎ同じ匂いの潮風の中

村木美月(うたりずむ )
同じ服着ている人とすれ違うお互い知らんふりする礼儀

黒崎聡美(ゆびおり短歌 )
もうずっと忙しいきみ 今はただ同じ夕陽を眺めていたい

美亜(月夜の虹)
「わかるよ」と言われながらも同じではないと知ってる月を見上げる

珠弾(eleven nine)
もう二度と同じ季節はめぐらない女子高生のスカートの丈

流川透明(透明な竜の召還日和)
お揃いのストラップなど旅で買い同じ時には着けられぬ仲

五十嵐きよみ(111.31KV620日記)
ハバネラの同じところを繰り返す叔父の好んだ古いレコード

青野ことり(こ と り ご と)
同じ空見ているけれど同じもの食べてはいない そんな距離感

はぜ子(ワナビーポエマー.)
心臓は同じ鋳型で造られてぼくだけひどく酸化している

芳立(芳立五蘊)
わが胸をつきぬけ君は八月の檜の森と同じ目の色

こはぎ(こはぎうた)
制服を同じ形で着崩してひとりで立ってられない僕ら

シュンイチ(路地裏のショーペンハウアーⅡ )
よろこびは同じじゃないよかなしみを超えたぶんだけ輝けるから

2014/01/30  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1433-dc8ba973

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。