らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


018:闘 より

ひらひらと小瓶に揺れる闘魚の尾彼も独りで生きて死ぬのか
紙屑(よあそび

 闘魚って知らなかった。ググってみたらまぁすごい色のひれひれ
 人間は、馬や犬だけでなく、虫や金魚まで博打のために育てるんだなぁ。とヘンなところに感心してしまった。
 上の句は、最初大げさと思ったが、画像を見ればいかにも!というそのひれひれ。(ひつこい^^;

 主体は、きれいな尾びれの揺れを見ながら孤独な死を連想する。それは主体自身がいま現在「独りで生きて」いるからで、この先多分「(独りで)死ぬ」と思っているのだろう。夢も希望も感じていないのか。
 でもわからないよ、この先どんな出会いがあるか。そう願いたい、そんな歌だ。

 ところで、他の動物のように、強い魚は種魚(?)になれるんだろうか? なんか金魚ってはかないイメージがあるんだけど^^;
以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略

泳二(とりあえずのぶろぐ)
目の前にエクレアがある午後十時すなわちこれは闘いである

哉村哉子(裏庭を捨てる)
ショウアップされた闘争本能がみだらがましい革命前夜

黒崎聡美(ゆびおり短歌)
Tシャツの背中に描かれた闘魂の文字を見つめるエレベーター内

音波(短歌のなぎさ)
闘魂は燃やせるほうのゴミ箱へ燃えない愛は金曜日です

秋月あまね(/dev/null )
闘魂が人を並べてぶん殴るまずは初めにラの音色から

原 必(猫背が直らない理由)
いいこともしながら生きる スーパーで買ったレモンは真夏の闘志

じゃこ(めくるめく )
決闘を申し込むにも整理券取って待ってるように言われる

とおと(Soupe du Louve )
月暈を天蓋となしうらうらと甘き悪夢にある闘技場(コロツセオ)

芳立(芳立五蘊)
世にまれな御子の親には健闘を祈ると言つておけばいいのさ

紫苑(紫苑がさね)
闘ひに疲れしひとを抱きしむる腕もたざれば聖母にあらず

こすぎ(たんかんぽんかんみかん )
哀しみと闘うことをあきらめてブーツの先で小石蹴飛ばす

シュンイチ(路地裏のショーペンハウアーⅡ)
あるだろう負けてばかりの闘鶏師みたいにうまくいかない日々も

2014/01/30  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1432-55fddc0d

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。