らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


015:吐 より

あくがれはかくされずあり夏空にグラジオラスは火のいろを吐く
紫苑(紫苑がさね

 「グラジオラスは火のいろを吐く」かっこい~!
 淡い色もあるけど、グラジオラスったらやっぱり赤とか濃いオレンジ。
 「吐く」はずいぶんキツい言葉だが、グラジオラスの別の顔を見せてもらったようで新鮮に感じた。

 さて、「あくがれ」。
 夏空なら「かくされずあり」だなぁと思う。あけっぴろげというか大胆というか。なんかそんな感じ。そして、グラジオラスの花もぱかぱか咲くところはあけっぴろげで、隠そうとしても無理!なんちゃって^^;
 主体のあこがれとグラジオラスのあこがれと、両方ともが夏空のもとにあきらかなんだろう。
 ピーカンの空が見えるようだ。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


久野はすみ(ぺんぺん100% )
甘粕と吐夢の亡霊あらわれて何度も武蔵に人を切らせる

鮎美(Continuo)
みづからの顔見つめつつ呪詛を吐くオフィスレディのお化粧直し

七色小鳥(七色小鳥)
嘘吐いて寒さがぼくの胸底へしたたり声がしぐれてしまう

流川透明(透明な竜の召還日和)
吐き捨てた言葉の毒を自覚する拾って飲めばたぶん致死量

しほ(☆)
ミドリガメの吐息泡立つカメ釣りの一度も釣れぬ七夕まつり

中村成志(はいほー通信 短歌編)
月面の海に眠っていた石へ60,000,000の吐息が満ちる   
1970年3月14日  日本万国博覧会(大阪万博)開幕。

佐藤紀子(encantada)
指宿に着きてま白き蒸気吐く観光列車〈たまてばこ〉号

桃子(ももこころころ)
佐保姫の吐息のような朧月 桜の土手を歩いて帰る

原田 町(カトレア日記)
原発の吐きだしたもの封じこめ春うらうらと株価はあがる

西中眞二郎(しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳 )
更けし夜の駅のベンチは静まりて深き吐息をつく女(ひと)のあり

西村湯呑(あるあるのうた B面 )
「空を飛ぶ夢を見ながら眠るのよ」君はほほえんで糸を吐く

2014/01/25  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1429-98ddcb26

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。