らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


006:券 より

乗車券を栞にかえて少年はねむる海まで行くバスのなか
山本左足(砂上楼閣

 別に特殊な景ではないが、なんだかほっこりする。
 それまで読んでいた本に乗車券をはさんで、目をつぶる。これは誰でも電車やバスで経験がある。
 主体も、なにげなく少年を見ていて、「あ、寝ちゃった」くらいに思ったのかもしれない。
 少年が海まで行くかどうかは分からないし、主体も途中で下車するかもしれない。
 あるいは、ツアーのようなバスで全員が海まで一緒にいくのかもしれない。
 それでも、とにかくその途中のひとときのなんでもない景を、なんでもなくさらっと詠んでいるところが好き。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


莢豆(㈱緑豆製作所)
移動にはお金がかかる冷えすぎて券売機には見えないからだ

紙屑(よあそび)
乗車券ふやけるくらい握り込む君に会うまで残り二駅

北大路京介(バグって蝉丸ちゃん)
アイドルの娘がくれた肩たたき券をヤフオクで売る父親

久野はすみ(ぺんぺん100%)
テーブルに食券五枚置かれいて呼ばれたひとから桜の下へ

鮎美(Continuo)
はつなつの驟雨上がりて紫陽花を映す金券ショップのガラス

珠弾(eleven nine)
タンスから引き出す日本銀行券 うしろめたさがそっと過った

水風抱月(朧月夜に風の吹く。)
一炊の夢とも見ゆる呟きが旅券の如く行き交う一夜

星乃咲月(ほしのうた)
券売機前にて一人立ち尽くす 売り切ればかりの自由ならある

とおと(Soupe du Louve )
うす紅のハズレ馬券を降らしめてぼくの天使は今日も不機嫌

芳立(芳立五蘊)
子ぎつねが白き毛糸の手ぶくろに拾ひし定期券のゆきさき

矢野理々座(矢野理々座のblog)
「仕事よりデート優先回数券」裏に山ほど但し書きあり

有櫛由之(有櫛水母)
嘴太に入場券を攫はれて遠い山だけ眺めっぱなし

2014/01/12  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1419-9f7352ff

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。