らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


086:片 より

酒瓶の欠片が寄越す朝日避け眠たい路地で留守電を聞く
吾妻誠一 (コンクリート畦道)

 うわー、やさぐれ~!!(なのか?
 「欠片」だから、空の酒瓶が転がってるわけじゃなく、ケンカか何かしてぶつけて割った欠片、ということだろう、そんな路地で朝日が差すのを疎ましく思っているんだから、ヤサグレみたいなもんよね。
 でも、そんな状態で「留守電を聞く」、どうもヤサグレっぽくないなぁ。 
 なんか、真面目なお人好しが、チンピラに絡まれてのされた、っぽい。

 約束をすっぽかす羽目になっちゃって――というありがちなシチュエーションかしらん。
 なんにしろ、一度、ヤサに戻って寝るなり風呂はいるなりして、スッキリしてから出なおしたほうがよさそうである。大怪我してないことを祈るです。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


ケンイチ (heima)
片見月薄は真夜の海に泣きわれは北極星と向き合ふ

御子柴 楓子 (side of fiction)
ぼくたちは片手で夢を片づけるおとなになってしまったのだな

猫丘ひこ乃 (ふりつむ☆ぷりずむ別館)
片栗粉みたいな感触踏みしめてゆく雪道でめぐらす理想

佐竹弓彦 (六杖光牢)
片足という表現にこんらんし百足は靴を履く手を止める

天鈿女聖 (うずめの花ビラ)
片方の仲間由紀恵が好きだけどもう片方はあまり知らない

あみー (正直なたましい)
片方がまだ脱げてない 屋上の柵の向こうは土足厳禁

梅田啓子 (今日のうた)
片かげに身を寄せあるく夏の午後 男が握る反転ボタン                 
はぼき (***短歌の六歌亭***)
この靴も片方だけが早く減る二本の足で立っているのに

匿名希望 (Tankasista - タンカジスタ -)
殺したいくらい愛したことがある この心臓を片方あげる

杜崎アオ (箱庭にびいだまを植えました。)
みずうみを片づける気もないらしくあなたはついにうかんでこない

牧童 (老いしウエテルの悩み)
昼間しか会えぬ恋路の雛菊を片時の夢それぞれの夜

壬生キヨム (ぼくはこんなことが好き。)
片方の靴だけ脱いだ、という歌詞の意味を今でも考えている

2013/12/18  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1398-45784945

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。