らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


081:秋 より

秋色のまだそぐわない地下街を栗よ芋よと魅せられてゆく
小夜こなた (小夜こなた)

 うまい!
 商売は季節先取りだからね、そぐわないのも当然。まして地下街ならなおさら。
 でも、先取りしないと経済が回らないから。まだまだ夏の暑さの中で、モードの世界ったら来春夏物の話をしてるし。
 「栗よ芋よと」どんどん「魅せられて」ください。どんどん買ってください。
 先取りの頃はまだまだ割高かもしれないが、それでもどんどん買ってください。
 (えー^^; 別に商売屋じゃないんだけど……)

 花より団子で、ファッションの「秋色」でなく栗と芋に目がいくところが正直でいい。
 とにかく、秋は美味いから。どんどん食べましょう。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


シュンイチ (路地裏のショーペンハウアー)
だれにでも小さな孤独があることを秋がくるたび思い出すのだ

西中眞二郎 (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
晩秋の日射しを受ける家ありて軒いっぱいに干柿吊るす

なまにく (にくにくし夜をひとりかも寝む-題詠blog用寝袋-)
四季のある国に生まれてまだ秋の正しい使い道を知らない

フユ (パラソル)
小さくて胸ポケットに入るから秋はあなたに捕まりやすい

(七十路ばばの独り言)
思春期も思秋期も終えりこの先に見える指標は後期高齢

鳥羽省三 (臆病なビーズ刺繍)
母胎より彼岸に急ぐ道のりの途次に出逢ひし秋景色かも   

佐藤紀子 (encantada)
暮れやすき秋の夕べの高速路テールランプが赤くつらなる

珠弾 (ten point go)
満ちてゆく月をいとしく想う秋芒野原で歌うぽんぽこ

桑原憂太郎 (憂太郎の短歌Blog)
来春の仮契約を期待してまずはメールで秋波を送る

杜崎アオ (箱庭にびいだまを植えました。)
縁日で出会ったひとをきゃらめるの箱へ葬りそれぞれの秋

壬生キヨム (ぼくはこんなことが好き。)
ウェディングドレスで進む知らぬひと 秋と言うのはもう遅すぎる

久哲 (久哲の適当緑化計画。)
秋葉原デビューを果たす王様の見た目は華やかな一騎駆け

2013/12/10  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1393-7e4c12bc

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。