らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


080:たわむれ より

教会に満ちるひかりとたわむれるごとオルガンの音色が響く
五十嵐きよみ (111.31KV620日記)

 一首選迷ったが、美しい音と光が思い浮かんだので、この歌に決定。
 この「たわむれる」は歓びのたわむれなのもいい。

 ステンドグラスから差し込む光と、パイプオルガンの重厚な音色。
 教会だから賛美歌かなぁ。
 とにかく「教会に満ちるひかり」のあかるさと同じように、たわむれるパイプオルガンの音色もあかるくしあわせ、あるいは悲しい曲でも慈悲に満ちている、そんなイメージだった。

 門外漢につきググってみたら……

   つい聞き惚れてしまうパイプオルガンの名曲5選

 ワタシ的には宇宙戦艦ヤマトの「白色彗星帝国」が入っていてうれし懐かしでした^^;
  (【蛇足】さらば宇宙戦艦ヤマト 白色彗星帝国BGM

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


葵の助 (螺旋浮遊)
たわむれにシロツメクサを載せられたまま植物になる女の子

御子柴 楓子 (side of fiction)
たわむれに平手を受けてみたけれどやっぱ痛いしきみまで泣くし

円 (つきのこども/あぶく。)
前世では恋人だった電柱をたわむれに抱く やはり冷たい

なまにく (にくにくし夜をひとりかも寝む-題詠blog用寝袋-)
神様のたわむれでした 人間が気付いた事と忘れた事は

芳立 (芳立五蘊)
たはむれに膝にのせれば踊り子の軽いからだが枷となる夜

鳥羽省三 (臆病なビーズ刺繍)
たわむれにただ一人乗る観覧車我が一日の思い出として

佐藤紀子 (encantada)
たはむれの母の言葉を真に受けてをさなの大き目が潤みたり

ゆら (ことのはじっこ)
たわむれに入ったバーで呼び捨てにしてみる隣に座る男を

久野はすみ (ぺんぺん100%)
たわむれの八月は過ぎ鞄から白き風切羽をとりだす

青山みのり (わざとじゃないもん!)
秋空にもみじ葉映えてたわむれに参加してみる鶫の会話

田中ましろ (ましたん)
たわむれている間にも抜け目ないふたりはエスカレーターのうえ

鮎美 (Continuo)
たはむれに歌ふハレルヤ誰ひとり帰らぬオフィスに朝陽の差して

2013/12/10  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1392-6645307f

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。