らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


062:軸 より

今日もまたあの日たまたまいた牛が世界の軸を乗っけて歩く
莢豆 (㈱緑豆製作所)

 上の句はだいぶ甘いと思うが、下の句のなんだかよく分からなさが気になって選んでしまった。
 世界の軸を乗っけて歩く牛。見たい!
 というか、「世界の軸」……見たい!

 「あの日」とはいつで、今日いるところがどこなのか。
 牛からイメージするのはやっぱりインドだろうか。以前旅した時に見た牛が今回もまたいた、ということか。
 で、インドの牛だと乗っけているのは仏様とかそういう話なのかもしれん。(そういえば大威徳明王は牛に乗っている^^;
 それに、インドは0の概念を生んだ地なので、そういう哲学と読んでもいいかも。0がなければコンピュータは生まれなかったとしたら、「世界の軸」足りえると思う。

 あ、エジプトもあったか。
 こっちはもう神話っぽくなるので、なんでもありかも^^;
 (なんか、テキトーでスミマセン^^;

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


紫苑 (紫苑がさね)
ふたしかな思ひの軸は傾ぎゆきバレエ人形しづもりて止(や)む

佐竹弓彦 (六杖光牢)
早まるな 異様な突起の付着したy軸回転体だと思え

熊野ぱく (ぱくたんか)
こま鼠の様に働く生活の回転軸が歪みはじめる

牛込太郎 (一人百首)
白鯨のくしゃみで地軸が傾いて北極星の名前が変わる

五十嵐きよみ (111.31KV620日記)
白薔薇を咲かせるようにまっすぐに軸足で立つバレリーナたち

砂乃  (通過列車)
地球儀の軸を外して手に載せて神の気分を試してみよう

匿名希望 (Tankasista)
軸足を蹴られて転ぶ もしこれがサッカーだったらおそらく死刑

音波 (短歌のなぎさ)
遠すぎて見えなくなった原点をX軸とY軸で切る

南野耕平 (ボクといっしょに走りま専科)
悪いけどそれはあなたの座標軸しかも昨日と微妙に違う

藤崎しづく (みずたまピルエット別館)
セル軸のガラスペンからとびたったうす紫のきみの告白

ちょろ玉 (ちょろ玉のコトダマラソン)
中軸に彼の名がある土曜日のただそれだけでスタンドが沸く

久哲 (久哲の適当緑化計画。)
雨のあと納屋の雑多な軸物の中で発熱する美人画の

2013/11/23  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1374-af6c39ea

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。