らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


009:程 より

あどけない少女が蝶に変わりゆくための過程でほどくみつあみ
本間紫織 (**JEWELRYBOX**)  (※ 旧サイト

 なるほど。
 純粋成長譚として読めば、「蝶」=【大人の女】はみつあみはしない。
 不純変身譚として読むと、夜の蝶であり、やっぱりみつあみはしない。

 私の場合、この歌の初見のイメージは「夜の蝶」の方でした……
 いずれにしても「みつあみ」は「あどけない少女」の代名詞足りえるという話。
 今時の日本では大人になって三つ編みしている女性ってあまりいない気がする。病気療養中とか運動中?とか例外も少しだろう。それに、「おばちゃん」になると短髪だし^^;
  
 「変わりゆく過程」を見つめる主体?は、それを感激して見ているのか、それとも残念に思っているのか。ここらへんは、人によって好みが分かれるからなんとも言えないかも。男か女かも分からないし。
 何となくイメージしたところは、少し年上の男性で、女の本質を垣間見た驚き、という感じ?
 
 書いているうちに、だんだんよろしくない妄想が働き出したので、このへんで止めとこ。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


夏実麦太朗 (麦太朗の題詠短歌)
あたたかい缶コーヒーを飲みながら考える程ほどの人生

天鈿女聖 (うずめの花ビラ)
この程度だったらできると思ってもてへぺろだけはローラに負ける

芳立 (芳立五蘊)
球児らの夢をかなへた程久保の女子マネに聞く為替介入

飯田彩乃 (陸を離れる)
変声期は追ってくるもの音程を踏み外してまた野ばらを歌う

酒井景二朗 (F.S.D.)
弔電を送れぬ程の貧乏を悔いつつ開く如來壽量品

星和佐方 (tanka31)
かかる程に雪像はこはされていく晴天に倒れゆくダルビッシュ

五十嵐きよみ (111.31KV620日記)
楡の木に歌を教えている風の今日は安定しない音程

梅田啓子 (今日のうた)
二日程留守にしますと書き置いて上野駅にて行く先決める

さとうはな (貝がらの小舟)
春雨に満たされる宵音程が外れたままのピアノと眠る

龍翔 (The Flying Dragon)
「この広い世界で」の「ろ」の音程が絶望的に合っていません

南葦太 (瞬間移動する蝸牛)
死ぬ程の悲しみだって死なないし延々進む作業工程

ろくもじ (タンカコタンカ 題詠篇)
責任をとってとろけるフロマージュ 君の方程式の完成

2013/07/04  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1320-5a9ed1fd

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。