らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


006:時代 より

山積みの課題をひょいと蹴飛ばして少女時代のリズムにのせる
村木美月 (うたりずむ)

 いいね。
 少女時代の歌ってもなんにも知らないが^^;
 
 まず「ひょいと蹴飛ば」すのがいい。やらにゃいかんことは重々承知で、今だけ、という感じが出ている。「少女時代のリズムにのせる」には重すぎる課題は、とりあえずこの山積みの中にはない、ということで。
 (あったら多分蹴っ飛ばせないと思う)

 気分転換したら、課題にとりかかりませう。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


夏実麦太朗 (麦太朗の題詠短歌)
おおざっぱな青春時代のまんなかに缶コーヒーの缶は立ちおり

富田林薫 (カツオくんは永遠の小学生。)
新しい時代はひとつ啓かれてアムロのような蒼い目をする

星和佐方 (tanka31)
同時代を生きゐるわれと祖父が見るAKBの復興支援

空音 (100の秘密 )
母親が祖母の悪口言う時の明治時代の奔放な性

さとうはな (貝がらの小舟)
草原(くさはら)の投球フォーム観ておりぬ 学生時代のあなたを知らず

不孤不思議 (底津石根)
世はまさに女の時代目映くも白き太もも見せて歩みぬ

黒崎聡美 (ゆびおり短歌)
わたしたちの時代は と言う人の向く東の空はすこやかに澄む

今泉洋子 (sironeko)
死ぬことが美徳の時代ありまして御魂帰り来ほたるとなりて

ezmi (語りえぬことを。)
いいねって言えば言うほど遠くなるそんな時代と言えばそれまで

ゆいこ (木陰でくつろぐ)
教室のしなびたピアノで友の弾く少年時代が生んだはつなつ

鮎美 (Continuo)
新郎の独身時代の友人に成り下がりたるわれを憐れめ

飯田和馬 (短歌手控え~題詠blog用)
いま冬の時代だという。ポケットの中に小さな神さまがいる

裕希 (ゆうき(裕希)の題詠blog)
「断捨離」と実家の押し入れ開けて見て最後に残る「蛍雪時代」

久野はすみ (ぺんぺん100%)
旧校舎ありし時代を言うときの眼裏に青き柳がゆれる

2013/06/21  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1317-dc41ea83

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。