らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


023: 結 より

結論をうやむやにして連れ添いし長年月が結論となる
まゆねこ (家事、ときどき短歌)

 私だけじゃないんだとちょっと安心した。
 連れ添った年月が結論というのは曖昧なようで潔い。
 うん、そうだね。ここにいる私が何よりの証!そういうことじゃないですか。「うやむやにして」きたことは言葉や何かにする必要のないものなんだ、多分、今まで連れ添ってきた二人にとって。
 時に「はっきり言わなきゃ分からない!」とかんしゃくの一つも起したくなることもあるが、それとて時々こうして歌で吐き出せば気が済むような程度だったりする。だって、「いやなら別れろ」で済んでしまうわけだから。
 あれ、これも諦め?いやいや、やっぱり年の功ってことで。(←こればっかり)

以下、お好み選歌
作者名(作者ブログ名)

新井蜜 (暗黒星雲)
結び目がほどけなくなりこれ以上一緒はいやと切ってしまった

ハナ (象の求愛ダンス)
脈絡が必要ですか結わえてた髪が解けたならばハレルヤ

五十嵐きよみ (ドン・ジョヴァンニはアリアを歌わない)
水引きの結び目を解く、つぎつぎと解く苛立ちを鎮めるために

花夢 (花夢)
結局は欲しい言葉をもらえない南極はまた氷が溶ける

みなとけいじ (海馬)
急行の連結部位の軋るとき脳に捩れし蛇腹と云う語

おとくにすぎな (すぎな野原をあるいてゆけば)
山木蓮うたい出せその手をうえに結んだら春ひらいたら風

振戸りく (夢のまた夢)
結い上げた髪をほどけばかけられた魔法もとける 続きは夢で  

夜さり(夕さり夜さり)
結跏趺坐の足の痺れにしどけなく横座りなす釈迦いまさぬか

飛鳥川いるか (しぐなすの短歌感電ノート)
さみだれの女結びは解けやすくああ湿舌の進入ひそか

きじとら猫 (きじとら小部屋)
長年にわたる恋愛裁判が桜の下で今宵結審

萱野芙蓉 (Willow Pillow)
愛といふ文字を堕落へ傾ける共犯として結ばれてゐる

村本希理子 (きりころじっく)
蛇口から溢れる水に結び目があるのを知つた まはだかのまま

市川周 (ミルミルを飲みながら)
結論は小鳥がひいたおみくじにまかせて二人海を見ている

るくれ (とっても単純なこと)
ばらまいた偽の結晶が突き刺さる君の記憶をどうすればいい

和良珠子 (the strange of stranger)
身のうちの決してほどけぬ結び目がほんのわずかに緩む仕舞い湯

佐藤羽美 (one hundred gumdrops , elephants and sandals)
結論のすべては月の裏側に歪つな文字で告げられている

新藤伊織 (月が堕ちるころ)
髪を結う手つきがたどたどしい夏は未遂の恋をかじって眠る

眞木 (ひとりももうた)
手すさびに結び解きする糸束の赤い糸だけ縺れて切れた

星川郁乃 (Air Station)
結んでもほどける糸もあるものを 酔った男に頷きながら

2006/10/22  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/128-d3d01fee

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。