らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


087:閉 より

光年をゆく覚悟ならあったのにわたしを月に閉じ込めたがる
さくらこ (さくらんぼの歌) (現在 「さくらんらん」)

 美しい喩えだなぁと思った。
 「月に閉じ込めたがる」のは誰か。過保護な親か、理解のない夫か、あるいは師か。
 月は衛星だから、地球がある限りその周りを回るだけ。(地球なき後どうなるかわかりません^^;一緒に滅びるのか、宇宙の果てに吹っ飛ぶのか)
 この歌の喩えの中では、「月に閉じ込めたがる」人は地球にあたる。いつでも自分から見えるところに置いておきたい、という、主体から見れば束縛以外のなにものでもない。
 
 で、主体は「光年をゆく覚悟」はあったという。過去形ですよ。一度や二度は「閉じ込めたがる」人に反発して、銀河へ出ようとしたことがあるんだろうか。
 なんとなくだけど、この歌からは、やってみて挫折して諦めたというより、怖くて、あるいは何かのよんどころない事情により出来なかった、という感じを受けた。
 「覚悟ならあったのに」という言い方は、行けなかったのは相手のせいだと責任転嫁している気がする。
 「閉じ込めたがる」は「閉じ込めた」ではないのだから、覚悟はあっても行かなかったのは主体の(消極的)選択とも言える。

 ちょっと辛辣でしょうか?
 人道的社会的事情や理由の場合はしょうがないと思うが、振り切る勇気まで含めて「覚悟」と思うです。

 後は……お気楽堂的読みとしては、月探査のロケットとかロボットとか。
 本体は銀河の果てまで行きたかったのに、月かよ!という……^^;

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬省略


夏実麦太朗 (麦太朗の題詠短歌)
ひもすがら開く閉じるをくり返す高速道路入口の棒

みずき (空)
春閉づる扉もノブも吾が心 指紋をつけぬ朝がまた来る 

足知 (ぶらつくらずべりい)
意味もなく閉じる開くを繰り返すあなたに借りた飛び出す絵本

牛隆佑 (消燈グレゴリー)
安心が引き剥がされる最近のエレベーターはゆっくり閉まる

北爪沙苗 (題詠blog2011)
物言わぬ常を考え女子力を閉じてしまえばラーメン二郎

南葦太 (「謙虚」という字を書けぬほど)
記憶庫は閉架式です 取り寄せは目録をご参照下さい

桑原憂太郎 (憂太郎の短歌Blog)
ため息の飽和してゐて校門の重い鉄扉は閉じられたまま

モヨ子 (題詠マラソン!)
閉じられた空間に浮きつながらぬ言葉で満たす山のモーテル

今泉洋子 (sironeko)
一日のあらすぢの良き事のみを膨らませつつけふを閉ぢゆく

藤田美香 (あした、たとえば雨でいいから)
バカらしい理由でずっと閉めきった窓にもとどくひらがなの詩(うた)

月原真幸 (さかむけのゆびきり。)
ケータイを閉じて開いてまた閉じる 言ってはいけないことを言いたい

2013/04/28  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1181-6e52f137

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。