らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


083:溝 より

側溝に落ちた車は無念さを傾いだ角度で訴え続ける
東雲の月 (知のさざなみ)

一瞬で世界が変わる側溝の蓋なき路に斜めの愛車
jun (純情一直線)

 久々のコラボ。
 
 運転しないので「一瞬で世界が変わる」感覚は想像するしかないが、映像や写真では見た覚えがあるこの光景、なるほど「斜めの愛車」は「無念さを訴え続ける」と言いたくなるちょっと間の抜けた景である。
 まぁ……溝に蓋がなくても、落ちるのは車のせいではなく運転手の責任なので、車にしてみれば「無念」かもしれん。
 
 この後のもろもろの手続きが大変そうだなぁと思いつつ、それでもなんとなく大怪我するような事故でない風なので、暢気に読ませて頂きました^^;

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬省略


西中眞二郎 (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
露天風呂の排水溝に紅き葉のひとひら落ちて流され行けり

飯田彩乃 (陸を離れる)
兄恋はば日本海溝ひび割れて ああ悲しみの念力少女

野州 (易熱易冷~ねっしやすくさめやすく、短歌編)
不意に来る風と知りたり揺れそむるマクロレンズの溝蕎麦の花

保武池警部補 (偶然の図書館の別館)
神の溝覗きし淵の愚考問う 御供の血不思議そ望みのみか

コバライチ*キコ (ペーパードリーム)
その塵は太古に生きし微生物マリアナ海溝に雪のごと降る

不動哲平 (酩酊通信)
溝の口駅の改札口で待つマグダラのマリア的な人を

新藤ゆゆ (ゆゆとぴあ。)
びっしりと排水溝にこびり付くきのうの罪が芽をだしている

穂ノ木芽央 (白紙委任状)
本棚の扉を開けて冥宮へ横溝正史の黒き表紙よ

飯田和馬 (短歌手控え~題詠blog用)
ひょっこりと溝から顔をのぞかせる猫がぼくらを逸らせる月夜

砺波 湊 (トナミミナト2011)
ジオサイト共同溝のその先に悪の組織の扉は潜む

2013/04/20  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1173-fb74ab24

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。