らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


082:万 より

ペン先のやわらかな撓り確かめる赤いボディの万年筆よ
ほたる (ガラス瓶のドロップ)

 万年筆は文房具の王様ではなかろうか。
 もちろん単なる私見だが、ブログでもよく万年筆ネタを見るし、修理やら手入れ法やら検索すればすぐ見つかる、それほど万年筆に関する情報は多い。
 
 万年筆は単なる筆記用具の範疇を超えると思う。この歌のように、ペン先の撓り具合から、ボディの色艶まで、うっとり眺めてしまう、そういう魅力がある。
 「赤いボディの万年筆」なら、手に持つだけで、大事に握ると思う。第一、万年筆は正しく持たないときれいに書けないので、自然と持ち方から書き方まできれいになるってもんですよ。
 
 万年筆で何を書いたか、ではなくて、万年筆そのものの歌。
 撓りを確かめ、インクの出を確かめ、でも別に、何を書くわけでもなかった、そんな気がする。
 

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


夏実麦太朗 (麦太朗の題詠短歌)
十百千かぞえあげれば二万年前はたかだか二万年前

みずき (空)
万感に凝りて仮面となりし貌 女に換へてけふを泣きたる

船坂圭之介 (kei's anex room)
万巻の書に埋まりて眠りたし死とは無限の夢とこそ知れ

津野 (くぎのスープ)
升目から最後の点がはみ出して万年筆の涙は青く

新井蜜 (暗黒星雲)
万一のことを考へ折りたたみ傘を毎日かばんで運ぶ

矢野理々座 (矢野理々座のblog)
万札は複数ならばエラそうに 1枚だけなら詫びつつ使う

(久哲の適当緑化計画。)
成層圏あたりの夢を万緑へ降ろせば屋根の赤い犬小屋

酒井景二朗 (F.S.D.)
廢屋に錆の浮きたる萬力が空氣をつかむ笑ふがごとく

ちょろ玉 (ちょろ玉のコトダマラソン)
フライングゲットしなさい 万が一おれを歌っている曲ならば

南雲流水 (流水(るすい)の短歌Cafe)
花びらを散らしてしまう風にのせ万世橋から捨てたハンカチ

T-T (短歌備忘録 )
万葉の恋歌を説く君といて僕らに零れくる青時雨

砺波 湊 (トナミミナト2011)
万愚節と呼ぶとき奇妙な舞などを披露されそうな四月一日

2013/04/18  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1171-443ece2b

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。