らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


070:介 より

遺伝子に魚介の記憶息づいて水の恋しい夜は眠れず
粉粧楼 (薄明光線)

 「魚介の記憶」か、すごいな。遺伝子レベルということで、多分無意識と言いたいのだろう。
 「水の恋しい夜」っていわれても、普通は熱帯夜ぐらいしか思い浮かばない。
 魚介の記憶が水を恋うているとして、それはどんな時なんだろう?
 泳ぎたくなるのかな?単純に海が恋しいのかな?
 
 眠れず煩悶するよりは、湯船にでも水張って浸かる方が早いかも。
 夏の場合に限りますが^^;
 
 (そんなお笑い系に読んだわけじゃないんだけど……スミマセン)

 そいうえば、百鬼夜行抄であやかしの魚を食べて水が恋しくなる話があったなぁ。
 あれはまさにこの歌そのままという。
 ……あやかし系か。(おぃ^^;

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬省略


西中眞二郎 (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
労わりとお節介とは紙一重と向かいの夫婦の仕草見ており

足知 (ぶらつくらずべりい)
遠くだけ見て生きてると知り合いを介して聞いたあなたのその後

新井蜜 (暗黒星雲)
黙つてるわたしときみに介入し七日目だからもう行くと言ふ

猫丘ひこ乃 (ふりつむ☆ぷりずむ別館)
介護する吾の腕は母の背の震えにまじる寂しさも抱く ※腕:かいな

不動哲平 (酩酊通信)
こっち来い 自己紹介が得意だという連中は放っておけよ

砂乃 (通過列車)
加藤、江藤、佐藤、近藤、工藤ええと名字は忘れたけれど「大介」

東雲の月 (知のさざなみ)
自分にも明らかでない厄介な心の襞をきみは知ってる

晴流奏 (晴流奏の題詠blog)
介抱が必要な程酔う事も無く見送った一夜の恋慕

伊倉ほたる (ほたるノオト)
厄介な留守電を消す真夜中の雨で濡らした靴のつま先

月原真幸 (さかむけのゆびきり。)
できるだけ鞄を軽くするために厄介な悩みは置いていく

小倉るい (たんぽぽの歌)
ふるさとを棄てる覚悟が出来なくて介護施設を探す6月

2013/02/12  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1147-b2630e93

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。