らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


053:なう より

高き枝に憩ふ小鳥よなうごきそ我が寫眞機は武器にはあらず
酒井景二朗 (F.S.D.)

 ツイッター的「なう」でない読み方をしている場合は必然的に「読み逃げ」ということになるわけだが、その中でも素晴らしい!この歌を一首選に。
 
 「なうごきそ」、出ました。古文の中でも特に忘れがたき一例、「な~そ」。
 酒井さんは漢字表記まで歴史的仮名遣いだから、ぜんぜん違和感がない。素晴らしい。
 
 鳥の写真は一朝一夕には無理なんですよ。バーダーはみんなあたりまえに望遠レンズ持ってるもんね。そして三脚立てて、じっと待っていられる忍耐。それにきっとみんな目がいいんだ、多分^^;
 普通のデジカメで撮ると、目で見ているより小っちゃくて、がっかりする。
 
 主体は多分、結構な望遠で狙っているんだと思う。ピントとか露出とか色いろあるんだと思う。合わせる間、お願いだから「なうごきそ」なわけですよ。
 「武器にはあらず」という独白で愛鳥家と分かる。
 いい写真が撮れてればいいな。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


西中眞二郎 (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
踊り手の真白き腕のしなうとき微かな笑みが浮かぶを見たり

飯田彩乃 (陸を離れる)
(雨なう)と云ふ声のして仰向けば人工衛星横切れる空

オリーブ (貝がらの小舟)
あいまいなうわさに惑い咲きかけの桜の下で削るアドレス

保武池警部補 (偶然の図書館の別館)
甘露うつし禍福あざなう夜魔は縄「迷うなさあ喰ふ」果実うろんか

牛 隆佑 (消燈グレゴリー)
ジャスコなうローソンなうと着実ににじり寄りつつある花子さん

松木秀 (わたしよきみの風景であれ)
あなたの夢とわたしの夢は違うんだ夢はかなうと言われつづけて

ウクレレ (ポケット短歌。-ウクレレ式短歌blog-)
お眼鏡にかなう言葉になれぬまま墓場へ向かう流行語たち

紗都子 (羽うさぎの日記帳)
いくつもの「なう」の重なる休日のタイムラインにとりのこされて

ちょろ玉 (ちょろ玉のコトダマラソン)
もしもいまねがいがひとつかなうならねがいをふたつかなえてほしい

冥亭 (《冥亭倶楽部》a darkside on the earth)
運命の三美神ありわが恋うは禍福あざなう手際の巧み

ネコノカナエ (やまねこ通信)
街頭なうビラ配りなうまだわたし明日を捨てるわけにいかない

藤田美香 (あした、たとえば雨でいいから)
神様もいろいろあって慣れちゃってかなうものには値段がついて

奈良絵里子 (詠んだこと)
「マクドなう」「モスなう」「ヨシギュウなう」一度うちに手料理食べに来なさい

飯田和馬 (短歌手控え~題詠blog用)
嘘の「なう」積み重ねてる。矛盾点つく人なんていないと思う

みち。 (銀塩プロローグ。)
【教室なう】クラスメイトが誰ひとり僕に気づかない【教室なう】

久野はすみ (ぺんぺん100%)
スタバなう、ネスカフェのふたあけながらつぶやいているやつはおらぬか

2012/12/09  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1113-e7802743

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。