らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


046:奏 より

白鍵があちこち抜けた僕なのに奏でてくれる君の指先
吾妻誠一 (闇の太陽)  (現在:コンクリート畦道

 ラブラブやね。
 謙遜しているけど、「君」にとっては主体の白鍵はちゃんと揃っているんじゃないかな。
 「白鍵があちこち抜けた」ピアノは弾くのタイヘンだと思うのよねん。だから、音が鳴らないキーはあるとしても奏でている「君」にはちゃんと聞こえている、そんな気がする。
 愛やねぇ。
 
 「あちこち抜けた」自覚があるなら、ひとつずつ補填して、彼女の奏でる音を完璧にしてあげましょう。愛には愛で応えるのだっ!(エラソーに^^;どーもスミマセン)

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬省略


猫丘ひこ乃) (ふりつむ☆ぷりずむ別館)
奏でたい想いは音にならなくて祈りにかわる夕暮れのとき

天鈿女聖 (うずめの花ビラ)
ブレーキの軋む音だけ奏でつつ谷町九丁目まで来てます

牛 隆佑 (消燈グレゴリー)
心音が光と影を奏でているあなたのそれはどちらもやさしい

五十嵐きよみ (111.31KV620日記)
ヒロインの咳き込む声を潜ませる「トラヴィアータ」の前奏曲は

本間紫織 (**JEWELRYBOX**)
長い長い間奏だった 20年ぶりに色づくラブストーリー

鳥羽省三 (臆病なビーズ刺繍)
奏鳴は寂として果つ午後八時サントリーホールしはぶきの満つ

藤田美香 (あした、たとえば雨でいいから)
名前など奏でるためにあるのだろうハミングみたいに君に呼ばれる

市川周 (ミルミルを飲みながら)
草笛で奏でるドボルザークかな(そういうとこが鼻につくのだ)

しづく (みずたまピルエット別館)
あの月へ連れてってよというジャズを幼い指で奏でるピアノ

みち。 (銀塩プロローグ。)
いまだって誰かのために奏でてる迷子の音符だらけの街だ

2012/11/17  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1099-97f891d2

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。