らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


043:寿 より

寿の金文字おどる封筒の海老のごときがうまく嵌らぬ
不動哲平 (酩酊通信)

 「海老のごとき」って^^;
 おめでたいことなのに、むっつりしてそう。
 「封筒」だから、普通の祝儀袋だろう。結納とかだったら意味が違ってくるもんね。
 ググってみるとまぁ祝儀袋の水引もいろんなのがあるようです。

 「水引館」 より 

 (海老はなかった^^; けど、馬はあった!)
 
 「海老のごとき」、このね、なんというかちょっと腹を立てているような言い方が、可笑しい。
 主体は、この相手に別に祝儀なんて出したくないんだろうか。なんかそういう雰囲気。でも、海老みたいのがついてるような祝儀袋なんだから、それなりに親密な、あるいは近しい間柄と思うが……
 「寿」を詠んで、寿なことなのに、ちっとも寿っぽくないところが、お気楽堂好みであります。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


みずき (空)
喜寿美しき女であらめ月光の髪を梳きゆくステージに立ち

南野耕平 (ボクといっしょに走りま専科)
この地球(ほし)に寿命があると知ったとき僭越ながら地面を撫でた

陸を離れる
散り果てるさだめも善かれ 漆黒を厭える星の寿命とあらば

天鈿女聖 (うずめの花ビラ)
「寿」の文字がだんだん丸くなり命も一つ授かりました

梅田啓子 (今日のうた)
さにつらう緋色のセーター贈られて寿ぎ受くる齢となれり

廣田 (海猫亭)
もの言わず廻る寿司だけみつづける途中下車した斜陽の町に

南葦太 (「謙虚」という字を書けぬほど)
待つことに疲れ果てたと諦めて切れたリチウム電池の寿命

中村成志 (はいほー通信 短歌編)
寿ぎを自ら粛むおろかさの五月の後を舞う蜆蝶

ワンコ山田 (歩道を走る自転車のこども)
とこしえというまほうじんまきつけてきゅうくつにかく寿のもじ 

新藤ゆゆ (ゆゆとぴあ。)
乾電池ほどの寿命もないくせに走りだすからいつまでも雨

月原真幸 (さかむけのゆびきり。)
指と指からめて夜の淵を行き天寿を全うしそこないたい

北大路京介 (極詩的京都 北大路京介アワー)
寿の文字が遠くへ消えていく おひとりさまに慣れきった夜

ひぐらしひなつ (エデンの廃園)
その毒を呷りて眠るとき春は全し 福寿草ふくじゅそう

小林ちい (ゆれる残像)
一人では不老長寿も意味がない明日あいつとスタバへ行こう

2012/11/02  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1093-125d5294

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。