らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


010:駆 より

「べきだ」とか「ねばならない」を投げ捨てて駆けていきたい妄想の果て
ちしゃ (短歌、ときどき思うこと。)

 ふっふっふ。
 これは誰にでもある欲求ではないでしょうか。
 つか、わたし時々(差し障りない時)、ぶん投げて妄想に駆け込んだりしてますが^^;
 その場合「べき」「ねばならない」が現実に引き戻すわけだけども、これは悪い意味ばかりじゃないのねん。生きて行く上で、仕事して稼がなしゃーない立場としては、命綱とも言えるわけです。
 ニートになっても生きていけるなら、この主体も、とっくに投げ捨てて妄想の果てまで飛んでいったかもしれないけどね。
 
 と、これは、リアルとネット(或いは創作世界)という対比で読んだわけだが、「妄想の果て」が犯罪に値するものだとしたら、「べき」「ねばならない」は法律とか公序良俗ということになっちゃって、命綱どころじゃないね。投げ捨てたら塀の中、ということになってしまう。
 ……まぁ、そういう読みだとエログロっぽくなっちゃうので、やっぱり止めよう。
 
 主体はちゃんと社会人としての自覚を持った大人なのだ。「べきだ」とか「ねばならない」があることがその証拠。妄想自体は罪でもなんでもないので、「べきだ」とか「ねばならない」に邪魔されない時は、存分に妄想の世界で遊んでください。で、命綱はくれぐれも大事に、リアルの世界に戻ってきてね。

以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬省略


西巻真 (ダストテイル-短歌と散文のブログ-)
考へるのに飽きたロダンは2ミリづつ今年も駆けださうとしてゐる

紫苑 (紫苑がさね)
疾駆する馬ともまがふ朝焼けの雲は不穏を乗せて向かひ来

那緒 (うさぎぱん)
駆け引きに頼らないひと 毎日のごはんおいしく食べているひと

夏樹かのこ (鹿の子帳)
すり減った靴底の分駆けてきた今年もきっとはなびらを踏む

かきくえば (なかゆぴ)
階段を二段とばしで駆け上がる 誰か あたしを止めて とめてよ、

花夢 (花夢)
駆け引きが上手なひとを好きになるあんたの負けよ、はないちもんめ

龍翔 (The Flying Dragon)
草原を白馬で駆けてくるはずの王子はどこかで絡まっている

壬生キヨム (ぼくはこんなことが好き。)
日が昇る前が一番恐ろしいゴール地点は駆け抜けるもの

瀬波麻人 (a swallow under the moonlight)
駆け抜ける以外に何ができたろう雨の夜から雨の夜まで

陸王 (Always Walking with Yu)
罰当たりなのかそれとも八つ当たりなのか貧乏神を駆除して

市川周 (ミルミルを飲みながら)
塀の上(へ)で四駆意味なし眠り猫(昨日も今日も明日も来世も)

ひぐらしひなつ (エデンの廃園)
七月の横断歩道を駆けてくる陰をひなたを突き抜けながら

奈良絵里子 (詠んだこと)
やることをタスクと呼んで働けば頭を駆動させてるかんじ

眞露 (風の残像)
千体の観音像と異国王 見んと駆られし蓮華王院

久野はすみ (ぺんぺん100%)
川のある温泉街の神無月、駆け落ち者のようによりそう

2012/09/02  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1026-9f67c6a4

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。