らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


009:寒 より

「おかえり」が返ってこないだけなのにこんなに寒いのはなぜだろう
逢 (I'll be)

 一人暮らしだと、それ以前に明かりのついていない部屋、という寒さがある。だから、例えば母親がいなくなった家庭、という風にも読めるが、やっぱり、恋人(あるいは夫/妻)を失ったという読みの方が好み。
 
 だけ、と限定しているが、返ってこないのは「おかえり」だけではない。言葉、笑顔、ふれあい、そして愛情――すべてなのだ。
 寒くて当然である。寒いのは心なのだから。


以下、お気楽選歌
作者名(作者ブログ名) 敬称略


西中眞二郎 (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
参道に小さき篝火燃えていて神楽見に行く夜の寒からず

飯田彩乃 (陸を離れる)
にんげんを嫌いで嫌いでしかたないテングサでできた寒天を売る

行方祐美 (2011年 百首題詠のために   行方祐美)
寒苦鳥になつてしまへばそれも良し明日の来ることいつも疑ひ

天鈿女聖 (うずめの花ビラ)
寒冷地仕様の恋は後ろから君を抱けないことになってる

akari (明日へ)
一年が暑い寒いで消費され生きた証は君といた日々

横雲 (あしたの雲)
寒紅に美しき嘘隠しつつ髪結い直す月高き宵

浅江もも (ななつのうみ)
風切って自転車漕いで寒いって君が笑ってあたたかくなる

花夢 (花夢)
寒いから生まれてこないもぞもぞと腹のあたりにひそむ怒りも

子帆 (ことばのくに)
発熱と寒気からくる震えには青のベンザがあるというのに

廣田 (海猫亭)
厳寒の空に見上げたオーロラが包む僕らの観測地点

理阿弥 (車止めピロー)
寒寒しき部屋より出でて寒寒しき部屋を借りたりベゴニア置かむ

市川周 (ミルミルを飲みながら)
寒月夜ふろに入るのめんどくさ(いきているのもややめんどくさ)

みち。 (銀塩プロローグ。)
無駄に熱を帯びてくからだあいされてもあいされてもあいされても 寒い

浅見塔子 (衛星ドロップ)
寒々とした藍色が塗りたくて絵の具の青に海水混ぜた

冬鳥 (ことのはうた)
スプーンをさしいれるとき寒天の底はかすかな鈍色(にびいろ)の空

央上理史 (なかがみさとし・われひとりゐて)
縁台と豆寒天と蚊遣り豚この夏たどり着いた故郷

豆野ふく (それゆけ!だいふくもち)
肌寒い風に暦を示すように翻し行く春色スカート

久野はすみ (ぺんぺん100%)
ある一語うかべてあそぶあおぞらに寒緋桜のつぼみふくらむ

2012/08/26  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/1024-46fa0a6a

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。