らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--  


010:桜 より

ひとり往く旅路に手向けの花あらば大和の桜その撩乱を
ねこまた@葛城 (ねこちぐら)

 ああ、やはり日本人には桜である。
 「願わくは花の下にて春死なむ…」という歌もあるが、死ぬ時にはせめて桜吹雪に送ってもらいたいというのは古今問わず日本人の感覚なのかもしれない。
 「大和の桜その繚乱を」言葉も音のリズムも美しい。

以下、お好み選歌

作者名(作者ブログ名)


暮夜 宴 (青い蝶)
満開の桜の下でゆっくりと箍をはずしてゆく天使たち

かっぱ (きゅーりをこのむ)
永遠に散らぬ桜が咲くのならこの心臓を空に投げよう

ドール (花物語)
塩漬けにされた桜の花びらがお湯にふわりと開いてゆく日

みにごん (MINI'S LIFE blog)
桜なら間に合ってます今週はロマンチストの押し売り禁止

青野ことり (こ と り の ( 目 ))
無防備な春の心は桜花 ひと夜浮かれて散る散る満ちる

愛観 (ひ と ひ ら こ と ば)
桜咲く容赦なく咲く水面に散る花びらは落ちて離れる

野良ゆうき (野良犬的)
桜から逃れてくればまた桜 背後に春の崖せまり来る

史之春風 (はちぶんめblog)
僕達は何を卒業するんだろう桜はいまだつぼみのままで

萱野芙蓉 (Willow Pillow)
嫋嫋と鬼女を幾人かくまひぬ桜よさくら笑まひてしろし

渡辺建太 (nostalgie)
終電の窓に映った夜桜と知らない女をめぐる冒険

村上きわみ (北緯43度)
樹木にはついになれずにぼくたちは桜にしろい喉をさらして

沼尻つた子 (リップサービス)
桜桃の軸をむすべる舌を持つ老嬢が座る角の煙草屋

浅井あばり (ギンガムクロス)
公園を逃げた桜が君のひくヒトコブラクダの睫毛を梳かす

フワコ (きくとわたし)
さよならのかわりに桜の花びらを水に浮かべて見送りました

2006/09/17  | trackback(0) | comment(0)


Comment

Comment?





Trackback

URL : http://raquta.blog73.fc2.com/tb.php/102-1dccd527

ご案内

・(承前) 選り好み・前置き
作者も読者もコメント大歓迎。
何しろ周回遅れの鑑賞ですので、古いエントリでもご遠慮なく。

カテゴリ
2014 題詠百首 (102)
・2014 一首選一覧 (1)
・2014 題読選り好み (101)
2013 題詠百首 (103)
・2013 一首選一覧 (1)
・2013 題読選り好み (100)
2012 (0)
・2012 一首選一覧 (1)
・2012 題読選り好み (100)
2011 邪道七七 (100)
・2011 一首選一覧 (1)
・2011 題読選り好み (100)
2010 題詠百首 (102)
・ 2010 一首選一覧 (1)
・ 2010 題読選り好み (100)
2009 題詠百首 (102)
・ 2009 一首選一覧 (1)
・ 2009 題読選り好み (100)
2008 題詠百首 (102)
・ 2008 一首選一覧 (1)
・ 2008 題読選り好み (100)
2007 題詠百首 (37)
・ 2007 一首選一覧 (1)
・ 2007 題読選り好み (101)
2006 題詠百首 (102)
・ 2006 一首選一覧 (1)
・ 2006 題読選り好み (101)
楽屋話 (24)
くもの巣 (16)
からだから短歌 (5)
コメント
トラックバック
リンク
プロフィール

お気楽堂

Author:お気楽堂
のんびり行こう

御用の節はご利用ください。
メールフォーム

ご訪問ありがとうございます
以前の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。